本書が伝えること

「つながりを取り戻すワーク」の理論と実践

生命の織り物

私たちが知っているのはこうだ。地球は人間のものではない。人間が地球のものなのだ。私たちが知っているのはこうだ。血液が家族をつなげるように、すべての物事はつながっている。すべてはつながっている。地球に降りかかるものはなんであれ、地球の息子にも降りかかる。人間が生命の織り物を紡ぐのではない。人間はその糸にすぎない。彼が織り物に対して為す行為は、自分自身に対して為す行為にほかならないのだ。
─付録A「シアトル首長のメッセージ」より

つながりを取り戻すワーク

つながりを取り戻すワークの誕生には、仏教の教えに対するジョアンナの研鑽と実践、そしてシステム理論が大きな影響を与えている。ワークの狙いは、参加者が世界との新しい関係性を築き、大転換の一員となる力を養い、企業ルールによる支配から自らの人生を取り戻すことだ。生を選ぶために向き合わねばならない現代の課題、私たちを止(とど)まらせるものの正体、宇宙がもつ自己組織力への理解といったものの上に、このワークの理論が構築されている。
─第3章「ベーシック・ミラクル:私たちの本質と力」,第4章「つながりを取り戻すワークとは」より

生命持続可能な社会への大転換

成長指向型産業社会によって引き起こされる生命の織り物の大破綻と同じくらいリアルで、至るところでみられるこの現象は、より深いところで起きている惑星的性質を言い表しており、わたしたちの時代にあってさらに加速しています。この大転換が特定のアクションや成果という形で現れるのは間違いありません。しかし一方で、それはそもそも私たち一人ひとりのビジョンとコミットメントとして、私たちの内側に息づいているものです。
─ジョアンナ・メイシー「日本語版への序文」より

ファシリテーションの基本スキル

案内役としての私たちの責任とは何だろうか? 突き詰めて言えば、私たちの役割とは、参加者が自分の内側にある世界の痛みに気づき、すべての生きとし生けるものとの相互のつながりを理解し、大転換を起こすために必要な力を再発見してゆくための一連の過程を提供することだ。
─第5章「つながりを取り戻すワークをガイドするには」より

様々なプラクティス

まさに子どもの時の「ごっこ遊び」を彷彿とさせるこれらのプラクティスは、道徳的想像力を養うと同時に、自己アイデンティティをエコロジカル・セルフにまで拡張してゆくことを促します。その結果「自己の範囲を拡張することを通して、私たちは利己心の境界をはるか遠くにまで押し広げ、生きることの喜びと意味を深めてゆく(第3章より)」ことになります。つまり、私たちの人生の質そのものが豊かになってゆくのです。
─齊藤由香「訳者あとがき」より

大転換のための瞑想

社会を癒すためには、私たちの魂もまた癒されねばならない。そうはいっても、現実が突きつける切羽詰まったニーズに追い回され、気楽にこなせる以上の仕事を背負い込む中で、魂を養うための時間やエネルギーを確保するのは容易なことではない。これまでジョアンナがワークショップで行ってきた7つの瞑想はどれも、毎日の生活の中で役立てることができる。
─第12章「大転換のための瞑想集」より

推薦コメント&読者レビュー

『カミング・バック・トゥ・ライフ ― 生命への回帰』読後の声

50年後にもしまだ人間がこの地球上で幸せに生きていられる環境を望むなら、
この本はそれを願うすべてのおとなとこどものための教科書である。

由佐 美加子

『ザ・メンタルモデル』著者

世界は日に日に不確実性が増し不安が人と人の間に溝を作り始めている。今こそ深い愛と強い意志を持つ者達によるつながりを取り戻す未来づくりが必要だ。
この本の広がりを通じて、そんな仲間たちと私は出会いたい。

嘉村 賢州

『ティール組織』解説者、東京工業大学 リーダーシップ教育院特任准教授

「集い合い、問い合うことが力です」
湾岸戦争の時、私の問いに答えたジョアンナの言葉は、
今も私の中で響き続けている。

中野 民夫

東京工業大学教授

読む人の心をわし摑みにする勇敢なこの本は、私たちの世界が今日直面している悲劇的な現実を真っ直ぐに見据え、勇気と慈悲と智慧にもとづく変容の道を指し示しています。ジョアンナ・メイシーの確かな先見の明が、みなさんを健全で思いやりある未来の創造へと導いてくれることでしょう。

ジョアン・ハリファックス老師

ウパヤ禅センター住職、著作家、文化人類学者、社会活動家

これはまさに地球上のあらゆる存在が『生命力を取り戻す』ための実践書だ!

榎本 英剛

大学院大学至善館教授、よく生きる研究所代表

社会的課題を創造的に解決する「ソーシャルデザイン」を成功させるヒントは“菩薩” にあった!

兼松 佳宏

勉強家、元「greenz.jp」編集長、『be の肩書き』著者

環境問題は僕たちの「心」の問題です。ジョアンナ・メイシーさんはその気づきを与えてくださり、私たちは希望を持って生きることができるよう、その道筋をこの本で教えてくれています。いつも傍に置いておきたい本です。

谷崎 テトラ

構成作家・社会活動家・京都芸術大学客員教授

解説動画

日本語版翻訳者による書籍紹介

齊藤由香 Yuka Saito

アクティビスト・翻訳家・通訳・ワークショップファシリテーター
現在は日本およびアメリカで平和・環境・社会正義運動に積極的に関わるとともに、関連書籍および映像の日本語翻訳を行う。2011年より米国の仏教哲学者・社会活動家であるジョアンナ・メイシーに師事し、2014年以降彼女が生んだ「つながりを取り戻すワーク」のワークショップを日本で開催。社会や世界の痛みに対する気づきと行動をうながし、新しい世界観や価値観にもとづいたコミュニティ作りを目指している。
米国カリフォルニア州バークレー在住。

立ち読みコーナー

日本語版書籍の一部を無料でお読みいただけます

第1章 生を選ぶ

この惑星時代において生を選ぶのは、壮大な冒険だ。いたるところで人びとが気づき始めているように、この冒険はどんな軍事行動よりも大きな勇気と連帯感を私たちの内に燃え上がらせる。鮭の産卵のための渓流回復に取り組む高校生から、空き地にコミュニティガーデンをつくる都市の住人たち、あるいはまた先祖伝来の土地での石油採掘やパイプライン建設を阻止する先住民族の人びとから、ソーラー技術や浄水技術を自分たちのコミュニティに導入しようとする村落の女性たちまで、数え切れないほどの人びとが、団結し、学び、行動を起こしている。

生命を守り継ぐためのこうした多面的な人間の活動は、今日の新聞の見出しやニュース番組では取り上げられないかもしれない。しかしこれから生まれてくる生命体にとって、私たちのこうした取り組み以上に彼らの命運を左右するものはない。なぜなら、彼らが生きられる世界がもしあるとすれば、それは私たちがどうにかして成長指向型産業社会から生命持続型社会への転換を果たした場合以外にないからだ。未来の人びとがこの歴史的瞬間を振り返る時、私たちの行動がいかに革命的だったかを、現代の私たちよりもはっきりと認識するはずだ。そしてもしかしたらこの時代を、大転換 (グレート・ターニング)の時代と呼ぶかもしれない。

彼らはこの時代を新時代の幕開けとして認識するだろう。とはいえ、農業革命には数世紀、産業革命には数世代という時間が費やされた一方で、この生態(エコロジカル)革命に与えられた時間的猶予はたかだか何年間ほどだ。またこの革命は意識にまでおよぶものでなければならず、つまりは、政治経済の変革だけでなく、それが育まれる土壌としての習慣、価値観、そして知性の変革までもが含まれる。

私たちの物語を選ぶ

物語とは、私たちが私たちなりに捉えている現実のことであり、言い換えればレンズ、すなわち私たちがそれを通してこの世界を見たり、理解したりしているものだ。この物語は、おうおうにして意識されもしなければ、疑問視されることもないため、私たちは、ただ自分たちの物語のみが唯一の現実だと思い込んでいる。

産業化された今日の世界において最も普及している物語は、3つに集約できるように思われる。ワークショップではこれら三つの物語を、いずれも現在同時並行で起こっている物語として説明している。つまりどれもみな「本当」だということだ。私たちは、この中から自分が支持したいと思う物語、最も広く最も有用な視点を与えてくれる物語を選ぶことができる。

1. これまで通り(ビジネス・アズ・ユージュアル) の物語は、成長指向型産業社会…(続く)…

― 第1章:P.32-33 より

著者紹介

ジョアンナ・メイシー&モリー・ヤング・ブラウン

著者 プロフィール

ジョアンナ・メイシー Joanna Macy

環境哲学者、活動家、仏教およびシステム理論学者。50 年にわたる市民権運動、グローバル・ジャスティス、エコロジー運動の活動において、国際的リーダーとして敬意を集める。本書に加え、自らの半生を綴った『Widening Circles: A Memoir(ワイドニング・サークル:回想録)』(未邦訳)、ライナー・マリア・リルケの詩集翻訳など、著作多数。また2 枚組のDVD『The Work That Reconnects』には、彼女がファシリテートするワークショップでのグループワークの様子が収録されている。自身の子どもたちや孫たちとともにカリフォルニア州バークレー在住。

モリー・ヤング・ブラウン  Molly Young Brown

つながりを取り戻すワーク、エコサイコロジー、サイコシンセシスを組み合わせたオンラインコースの提供、執筆、コーチング、講演、ワークショップ開催など、多岐にわたって活動。著作として『Growing Whole:Self-realization for the Great Turning(全体の成長:大転換のための自己実現)』他、4 作。パートナーのジム・ブラウンとともにカリフォルニア州シャスタ在住。カリフォルニア州マウント・シャスタ在住。

ご購入はこちらから

 

『カミング・バック・トゥ・ライフ ― 生命への回帰』
 ~つながりを取り戻すワークの手引き~

Coming Back To Life
The Updated Guide To The Work That Reconnects

Written by Joanna Macy & Molly Young Brown
Translated by Yuka Saito

ジョアンナ・メイシー、モリー・ヤング・ブラウン 著
齊藤由香 訳

株式会社サンガ/2020年9月10日刊行

3,850円

(税込)

サンガ公式通販サイトおよび書店にて販売中