5/23~24つながりを取り戻す アクティブ・ホープ・ワークショップ@ブラウンズフィールド

SDGsの実践に向けて努力されている方
地球環境や人権保護、貧困問題などに向けて行動している方、したいと思っている方
人がこれからも地球上に快適に生きていくためにシフトを実践されている方、したい方
日頃の生活を見直そうと小さなところから行動されている方
世間の風潮や社会の変化に振り回されない軸を確かめたいと思っている方へ

「つながりを取り戻すと強くなる。」
これは、このワークに出会い実践してきたファシリテーター2名の実感です。つながりとは、自分の本心・周囲の人たち・過去を生きた人たち・未来に生きる人たち・自然・森羅万象との関係性です。

「アクティブ・ホープ」とは、たとえどんなことが起きても意図的に希望を持つ生き方の姿勢を指します。アメリカの仏教哲学者でシステム理論を修めた教師ジョアンナ・メイシーにより生み出され40年以上、世界中の様々な人により、政府機関、教育機関等で実施され続けてきたこのワーク(原題:Work that reconnect「つながりを取り戻すワーク」)は、その度に練り上げられてきた秀逸な体験型の学びであり、こうした生き方を身に付けるために有効なものです。

この宿泊型ワークショップでは、自然の中に身を置き、ゆったりとしたモードの中で深く自分の中心・他者・自然とのつながりを思い出していきます。ワークを重ね、モードを切りかえて行くことで、忘れかけていた大事な感覚を自分の中に思い出すことができる。そして勇気と希望を持ち新しい眼で世界を見、新たな一歩を踏み出すきっかけを生み出します。

内容
つながりを取り戻すワークのスパイラル
産業成長型社会から抜け出した新しいリーダーシップの在り方
今私たちが直面しているグレート・ターニングの時代とは
システム理論から見るこれまでの社会とこれからの社会

参加者の声
・つながりの強さを知ることができ、恐れが勇気となりました。希望をもつことで、人生がより豊かになる確信がもてます。心の痛みを愛おしく想える、自分に優しくなれるワークショップでした。《小泉早苗様 株式会社ダイシングランド代表取締役 女性》

・「古典科学とシステム理論」これはとても説得力があって、響いたし、納得できた。自分がどんな世界を望むのか具体的にイメージできた。そんな世界を創りたいという意欲が湧いたし、実現したらどんなに素晴らしいだろうと希望を持った。
《板倉由美子様 会社管理職 女性》

・いろいろなワークをしていく中で新しい視点に気づくので、今までどうにもならないと思っていたことにも、解決の糸口が見えてきました。

・難しい内容なのかと少し不安な気持ちもありましたが、お二人が優しく、わかりやすく説明してくださったので、安心して受けることができました。

・「痛みが大きいほど、その奥には物凄いパワーが眠っている。」と言われた時は、どういうことなのかわかりませんでしたが、ワークを通して体感できたことで、今は「こういうことだったか」と腑に落ちています。今回アクティブホープのワークを体験してみて、人類の知恵って本当にすごいなあと思いました。

・先祖と未来の子孫からフィードバックをもらうワークが印象に残りました。自分のしていることが、過去から未来への時間を繋ぐ行動であることを体感。みなそれぞれが人類の繋がりの中で役割を果たしていること、時間軸を超えて応援してもらっている感じで勇気と責任を感じるワークでした。

【日 時】2020年5月23日(土)13:00~24日(日)16:00
【場 所】ブラウンズフィールド(千葉県いすみ市)
   https://brownsfield-jp.com/access/
   JR長者町駅より時間を決めて送迎を依頼します。
【参加費】32,000円(税別/宿泊費・食費・交通費別/
     宿泊費・食費(3食)で13,000円程度の予定)
【主 催】株式会社ひらり Office Take A
【ファシリテーター】大江亞紀香 赤塚丈彦 
【詳細・申込み】https://www.hilali.co.jp/events/donnatokinimokibowomotsuikikata-akutibuhopu-wakushoppu-1

https://www.facebook.com/events/2519061701639338/

こんな本です

著者プロフィール・メッセージ

監修者、推薦者の言葉

お問い合わせ・情報提供